かがくのとも2016年1月号ポスターを担当しました。

福音館書店さん月刊誌「かがくのとも」2016年1月号のポスターを担当しました。

「もりのなかのあなのなか」大橋慶子さく・今泉忠明監修

福音館書店のページ

1月号紹介ページ

発売は12月5日とのことです。

 

森の中の穴に暮らす動物たちについて描かれた自然科学絵本です。

穴の中はどうなっているのだろう、と想像が膨らみますね。

読ませていただきましたが、穴の中で丸くなったニホンリスのかわいらしさ!自分で掘るもの、そうでないもの、パターンそれぞれなのも面白いです。

 

私は付録ポスターを担当させていただきました。穴に暮らす虫たちの絵です。(画像のうち丸く囲ったものはポスターの1部を拡大したものです)

創作絵本とは一味違い、その虫らしさを大切に描きました。取材に何度か行かせてもらったり、ウスバカゲロウ幼虫のアリジゴクを飼って羽化させたり、近所の公園でセミの幼虫を拾ったりしましたよ!

アリジゴクの為に蟻を捕まえては餌にする、蟻にとっては私もアリジゴクだよ。という夏の日々を経て…成果が絵に出ているといいな。


*購入方法について*

定期購読の絵本ですが、一部の大型書店さんには置かれるそうで、1冊ずつの購入も可能です。

福音館さんのMO係へ電話でのバックナンバー通販もあります。1冊420円+送料90円(1冊分)とのことです。

書店注文では送料無しで購入可能ですが、注文購入のできない書店もあるそうなのでご注意ください。

 

どうぞよろしくお願いします。

さて、最近は本格的に寒くなってきて、私も家の中の穴の中…コタツの中をすみかにしがちです。毎年恒例すぎてなんとも。

今は実家の猫が我が家にホームステイ中でして、今年は猫もコタツ仲間に加わっています。

今年もいつの間にかあと少し…コタツの中で冬眠しないように頑張ります。